私がよく見る海外写真サイト

f:id:happy-shooting:20170622015452j:plain

 

タイトルの通り今回は私がよく見る海外の写真
サイトについて、有名どこなのでもう既に
皆さんご存知かもだけど、誰かの役に立てばと
思いシェア。

 

英語サイトだけど、写真に言葉は必要ないと
思うので見てるだけでも
十分楽しめると思う。
ご興味のある方是非どうぞ。

 

 1、MAGNUM PHOTOS

第二次世界対戦後、1947年にHenri Cartuer-
Bresson, Robert Capa,George Rodger
and David Seymour
によって設立された、多分世界で
一番有名、老舗コミュニティー。
日本人では今のとこ唯一、久保田博二さん
というフォトグラファーが
Magunum photographerに
メンバー入りされているよう。

このMagnum Photosのウェブサイトの
楽しみ方は右上のMenuというボタンから
Photographeresから歴史的に有名な写真家
の紹介及びPortfolioなど見れる。
自分の知ってる写真家を探してみるのも
いいし、結構な人数の方がメンバー入り
されており、知らない方の名前をクリック
して様々な写真を見てみるのも楽しいし、
勉強になる。

 

ちなみにここではMagnum photographer
の歴史的に有名なプリントも買える。
ももちろん$$$
例えば見たこともある人多いElliott Erwitt
のこの写真、5000$
お金持ちの方いかがですか?

Eiffel tower 100th anniversary. Paris, 1989.shop.magnumphotos.com

 

 

2、LensCulture

www.lensculture.com

約10年程前からの比較的新しい
コミュニティー、サイト自体
Contemporary Photography と
うたっており日本語に訳すと
現代写真という意味。

こちらの楽しみ方は、上のリンクから
飛んでいただくと、サイトの上に
Explore とあってAward Winners
(受賞者の写真)、Categoriesから
ポートレイト、ストリートフォトグラフィー
モノクロなどカテゴリー別にフューチャー
された方々の作品が見られる。
こちらのサイトには日本人の方々の
名前もちらほら。
海外の写真インスタグラマーは
ここにPrtfolioを載せてもらうのが
密かな野望だったりする。

私がここのサイトで特によくみているのが、
カテゴリーの中にDocumentaryで、
いつか自分のPortfolioというか、
テーマに沿って撮りためた写真を一つの
シリーズとしてまとめたいと考えてて、
その為に写真を組みというか、
写真の並びでストーリーを作るのに
勉強になったりする。

また、こちらには前途したExploreの
中にCompetitionsの項目もあり
海外レベルのコンテストの中で腕試し
をしたいという方、応募してみては
いかがですか。

 

3、LFI

lfi-online.de

きたきた!泣く子もだまるライカ様
によるライカ信者達へのウェブサイト
説明するまでもなく、
ライカ製品情報はもちろん、
アクセサリー、ライカユーザーの写真
などなど。
ここの見方は上方にGALLERYとあり
そちらをクリックすると全世界からの
ライカユーザーの投稿写真が見れる。

Master Shotsというコーナーでは

撮影につかったカメラをフィルターで
限定して見れるのでMユーザーのだけ
見たいと思ったら、Mユーザーとか
限定して見ることができる。
ちなみにMaster Shotsとは、
ライカユーザーが自分のライカで
撮った写真を投稿してここの
サイト運営者達に選ばれし者
だけの、写真が掲載されるという、
何ともプレミア感たっぷりのコーナー。
私の知人などはこのMaster Shotsに
選ばれると、必ずSNSで大拡散して
たくさんのイイねと、賞賛のコメントで
あふれかえっている。

ライカユーザーの皆様、こちら無料で
登録できますよ。
マスターショット、目指して
みてはいかがですか。

 

 最後に余談だが、当の私は
最近アサヒカメラという媒体を知った。
こんな事正直に書いたら、
日本の写真好きの方に喝を
入れられそうだが、海外で写真を始めた
のでまだまだ日本の写真事情には
とてもうとい。

今回この記事を書くのにあたって、
日本の写真好きの皆様は普段どんな
写真サイトを徘徊しているのだろう、
どんな雑誌を読んでいるのだろう
と、ふと疑問に思った。
どなたかオススメなどありましたら
是非教えてください。